ようこそ!やんちゃ山姥のブログへ


『マルチWIN アフィリエイト マスタープラン』
を実践中

一瀬翔さんの『マルチWIN』を通して
アフィリエイターとして成長して行く山姥の姿を
全部お見せしますね(わーい(嬉しい顔)

考えたこと、体験したこと、一つでも多くの成果を報告して
少しでも皆さんのお役に立ちたいと思います


応援していただけると、嬉しいです〜。

人気ランキングの方もよろしく!

人気blogランキングへ!!
RSS新着情報 <ins>Yahoo!ブックマークに登録</ins> Yahoo!ブックマークに登録

SEO対策でやってはならないNG集(2)

■ジャンルの異なる相互リンクはNG

相互リンクはアクセスを増やすのに、
非常に有効な方法ですね。
ブログを運営されている方は、皆さん十分に
実感してらっしゃると思います。


相互リンクで一つ注意しなくてはいけないことは、
できるだけあなたと同じジャンルのブログとだけ
相互リンクする、ということです。


YahooやGoogleなどの検索エンジンで、
キーワード検索が行われると、
該当するページを探すのは、ロボットです。

検索ロボットがWeb上を探して回ります。
リンクが多いと、ロボットは、そのブログが
社会的に評価されていると判断するそうです。

リンクのページへロボットは誘導されて、
リンクが多ければ多いほど、
需要も多いと考えるわけですね。


同じようなジャンル、同じ属性の相互リンクで
あれば、ロボットは人気があると判断します。

ところが、全く別のジャンルの相互リンクが
たくさん並んでいると、あなたのキーワードと
全く関係のないキーワードが
たくさん検索されますね。

そうすると、検索ロボットは
「このブログは何の情報を載せているのか、
何がいいたいのか?」と迷ってしまいます。


ですから、同じジャンルでないブログと
大量に相互リンクするのは、
止めたほうがいいです。


たまたま、異なるジャンル、キーワードが
全く違うところと相互リンクをすることになった場合は、
あなたのキーワードを含めたコメントをつける
ことをお勧めします。



■ ”TOP ページへ戻る”はNG

かなり細かい内容になってきますが、
これは” TOP ページへ戻る”だけではNGという意味です。

これも重要ですので覚えておいた方がいいです。


あなたのメインページから他の記事のページに飛ぶ場合、
大抵そのページのどこかに、再びTOPページへ
移動できるリンクが張られていると思います。


このTOPページへ戻るリンクの文章は
どうなっていますか?
”TOPへ戻る”となっていませんか?


実はこれだけでは、せっかく内部リンクを
増やしているのに、非常にもったいないのです。


検索エンジンはこのリンクを見て、
あなたのブログのTOPページ記事は”TOP”について
解説されていると判断するのです。
笑い話のようですが。


単なる”TOPへ戻る”だけではなくて、
トップページのキーワード、フレーズを
含めた方がいいですよ。


このことを知った後に、
私は自分のブログを確認しました。


私のブログは、『マルチWINアフィリエイト』の特典で
用意されていた中島さんのテンプレートを使ってますが、
さすがに行き届いてますね。


私は何もしなくても、
”『幸せのアフィリエイト』トップへ”
となっておりました。


キーワードは『』で区切られてますね。


本当に黙って知らずに使ってるだけなのに、『マルチWIN』はSEO対策も十分なされています。


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
あなたの応援が山姥のエネルギーです。


SEO対策は人気のキーワード選びから

SEO対策にとって、キーワードはとっても重要です。

あなたのブログを訪問する人の多くは、検索エンジンで、
自分が求める情報のキーワードを入力して
ブログを探しだしています。

あなたは、そういう検索で上位に表示されるような
キーワードを、ブログにちりばめていないと、
訪問者を呼び込むことはできません。

あなたのブログ関連で、最も頻繁に使われる
人気のキーワードは何か。
これを突き止めて、キーワードの選定をする。

これが最初に行わなくてはいけないSEO対策になります。


でも、どうやって、どのキーワードがよく使われるかを
調べたらよいのでしょう。

キーワードの調査を行うツールをいくつか、ご紹介します。
それぞれに特徴がありますので、目的によって
使い分けるといいでしょう。
いずれも無料で利用できます。


@「キーワードアドバイスツールプラス」

http://www.muryoutouroku.com/


キーワードを入力して検索すると、

・1ヶ月間に検索された回数
・Google、Yahooそれぞれで検索した結果、表示されるページ数
・KEI指数(ねらい目度)
・ライバルぺージ(上位表示のとき、ライバルになると
         予想されるページ)

などが分かります。

検索結果のページ数は少なく、KEI値が高いものを探します。
気になるキーワードを手当たり次第に調べて、
KEI値が高いのにライバルがいないようなキーワードが
見つかったら、それは”お宝発見”ですよ。


Aグーグル・アドワーズの「キーワードツール」

https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal

入力したキーワードの関連キーワード、類似キーワードを
教えてくれます。

例えば、ダイエット、食品の複合キーワードで検索すると、
ダイエット食品、レシピ、産後ダイエットなどのほか、
ダイエット食品メーカーまで

最大150個の関連キーワードについて、
前月1ヶ月間の検索ボリューム(棒グラフで、
件数は表示されません)、ライバル、
過去1年間の検索ボリュームの傾向、
1年で最大検索の月などが分かります。

想像もつかなかった関連のキーワードが山ほど
並びますので、絞込みや、複数キーワード検索の
ヒントを研究することができます。


Bキーワードアドバイスツール「KEY造」

 http://www.furuhashikeizo.com/seocheck/

「キーワードアドバイスツールプラス」と同じように、
Yahoo、Google、MSN それぞれの月間検索数、KEI値が
一覧で表示されます。

そのほか、この「KEY造」では、
追跡キーワード・ヤフー関連ワード・
複合キーワードの一覧もあります。

また、『Yahoo』『Google』『MSN』それぞれの
ボタンをクリックすると、そのキーワードでの
検索結果上位10位のサイトのページランクや
被リンク数などを 確認することができる
すぐれものです。


さらに、
『検索キーワードランキング』や
『カテゴリ別キーワードランキング』
『通販検索キーワードランキング』
などがあります。

これらをうまく活用すれば、
気になるキーワードを見つけ、そのキーワードで
上位検索が可能か調べ、複合キーワードを
たくさん取得することができます。


複合検索キーワードを探せ


検索エンジンからアクセスを集めるには
検索結果の上位に表示させる必要があります。
それが可能かどうかをしっかりとリサーチして下さい。


メインワード(単体のキーワード)だけでは、ライバルが多く、
上位に表示させるのは、至難の業です。

それに比べると、二つ以上の複合キーワードは
ライバルが少ない、あるいは弱い可能性が高く、
検索エンジンで上位表示させやすいのです。

それに、単体のキーワードで検索している人より、
複合キーワードで検索している人の方が、より興味が強く、
情報を求めている・購買意欲がある可能性が高くなります。

ですから、複合キーワード検索されている
キーワードが狙い目です。


そしてキーワードを見つけたら、
それを盛り込むことを意識しながら
タイトルや記事を書けばいいのです。

いろいろな複合キーワードをブログに散りばめることで、
それぞれのキーワードで上位表示されて、
アクセスが集まるようになります。


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
あなたの応援が山姥のエネルギーです。


一瀬翔さんメールと母の思い出

定年退職後に、アフィリエイトで
生涯高収入を狙おうと、
『マルチWIN』を実践し始めた
やんちゃ山姥です。


同世代の団塊の世代に、
アフィリエイトの面白さ、
楽しさ、稼げる確かさ、等々を
伝えることができるかどうか、

これが私に要求されると思います。


団塊の世代を対象に選んで、
ビジネスになるのか?
ビジネスにできるのか?

(逆に言えば、この私の年齢で
若い世代の集客ができるか?
という不安もあるのですが)


こんな悩み、不安が日に日に大きくなって、
ブログも焦点の定まらないつくりに
なっていました。

それで、この悩みを一瀬翔さんに、
ぶつけてみたのです。

  ↑  ↑  ↑
ここまでが、昨日の記事内容でした。

昨日は、答えを引き伸ばして、気をもたせました。
ごめんなさいね。


●団塊の世代は客になりうるのかどうか?

●団塊の世代に的を絞ったブログつくりが必要か?

●もし必要なら「団塊の世代が客になるかどうかを、
  見定める調査が必要では?

こうした私の質問・疑問に対して



翔さんの答えは至ってシンプル。
以下は、お返事メールのほぼ原文とおりです。
もちろん、掲載許可はとってます。

ーーーーーーーーーーーーーー 

団塊の世代というのは
対象としては、面白いのではないでしょうか?


スキル的なことに関しては、山姥さんが
理解して形にしていけるのであれば
同世代の方々でも大丈夫なのではないでしょうか。
(もちろん、多少時間がかかるのは当然です。)


ブログの方向性としては、
初めから対象を団塊の世代に限定しなくても
山姥さんの立場を明らかにすることによって、
団塊の世代に愛されるブログに
なるのではないでしょうか?


頑張ってくださいね^^

ーーーーーーーーーーーーーー

まったく、ぐちゃぐちゃと悩みを綴った
私のメールが嫌になるほど、すっきりした答えです。



もう一つ、驚いたことがありました。

翔さんにメールした前日に、
母の思い出を記事に書きました。

「自分の器に盛られる水」

母親が、「自分の店に置く商品は、
お客に合せて選ぶよりも自分の好みで選ぶ。
そしたら自分のセンスを好いてくれるお客が
集まってくる」と言った話です。


期せずして、『自分の属性を明らかにすれば、
それにあった属性の客が集まる』と。

私のイメージでは、年寄りと若者の両方に同じことを
アドバイスされた感覚で、受け止めました。

現実には、私自身がその時の母親の年を
越えているのですが。


私の中では、二人の話がつながってしまったのは、
『ちょっと、いい話』です。

山姥のブログは、タイトル、プロフィールをはじめ、
冒頭の部分で私の立場をはっきりさせました。
どうでしょうか?

第三者からみての印象をコメントください。
辛口歓迎です。改善したいですから。


長々と書き連ねて、お時間をとりました。
また、遊びにいらしてくださいね。

ブログが先か、メルマガが先か?

ブログアフィリとメルマガアフィリのどちらから着手すればよいのか?

成果が早く出るのはプッシュ型のメルマガといわれますが、ブログがないと購読者の申し込み受け皿もありません。鶏が先か、卵が先か?
誰もが悩むところでしょう。

メルマガは、後発組にとってはまぐまぐは費用の点から”高嶺の花”に
なりましたね。

インフォマグに申し込んで、第一号の発行申請を出しましたが、読者ゼロです。無料レポートの紹介をするにも、メルマガはないのですから。自分で無料レポートを作成するしかないのか、と分かったところで、進行停止状態に陥りました。

ブログとメルマガは、リンクして循環拡大をたどるはずですから、
循環の段階別にフローチャートが描けると思いますが、イメージだけで、具体的な作業に落とし込めません。

ともかく、できるところからやるしかないので、でくるだけ早いタイミングで、ブログーメルマガの第一段階循環サイクルを具体化したいと思います。

メルマガは、自作レポートの企画を考えるということで中断し、ブログの作成をします。





『幸せのアフィリエイト』トップへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。