ようこそ!やんちゃ山姥のブログへ


『マルチWIN アフィリエイト マスタープラン』
を実践中

一瀬翔さんの『マルチWIN』を通して
アフィリエイターとして成長して行く山姥の姿を
全部お見せしますね(わーい(嬉しい顔)

考えたこと、体験したこと、一つでも多くの成果を報告して
少しでも皆さんのお役に立ちたいと思います


応援していただけると、嬉しいです〜。

人気ランキングの方もよろしく!

人気blogランキングへ!!
RSS新着情報 <ins>Yahoo!ブックマークに登録</ins> Yahoo!ブックマークに登録

情報商材アフィリエイトは
ネットビジネスのインフラ事業

残暑お見舞い申し上げます。

いよいよ旧盆を前に、夏休みもピークに
さしかかってきました。

海に山にとお出かけの方、故郷に帰省されている方、
国内外を旅行中の方、夏シーズンをエンジョイしてますか?
 バテてませんか?

皆様、お久しぶりでした。

妹の入院に際して、皆様からやさしいお見舞いの言葉を
たくさんいただいて、感涙と嬉しさで胸がいっぱいに
なりました。ありがとうございました。

妹はようやく危機を脱しまして、安心できる状態に
なりました。

この間、まったくブログも開けず、コメントを
いただいた方々へのお礼もできないままで、大変失礼しました。
この記事を更新した後、皆様のブログ廻りをいたしますので、
よろしくお願いします。

**************

久しぶりに記事を書く気になって、メールをチェック
していたら、一瀬翔さんからのメルマガに、
見慣れたブログのURLが書いてあります。

目をこすって、またよく見たら、ええっ!これって
私のブログじゃないの!

『マルチWIN』フォーラムでは、翔さんの提案で
「まずはここまでやってみよう」という企画があります。
その紹介で、メルマガに取り上げられていたのです。


↓↓↓↓ ここから、一瀬翔さんメルマガからの引用 

まずは、こちらをご覧ください。
(大丈夫。アフィリリンクではないので。)

 ⇒ http://egaohappy100.seesaa.net/

 ⇒ http://myaffilli.seesaa.net/

 ⇒ http://river-affili.seesaa.net/


どうでしょう。

え?


『このくらいのブログならいくらでも見たことがある』?


では、この3つのブログが


1ヶ月ちょっと前にブログを始めた方々によって
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
作られたものだとしたらどうでしょう?


実は、このブログの管理人さんは【マルチWin】の会員さん
なのですが購入者フォーラムで【まずはここまでやってみよう】
という企画に参加し毎日コツコツと作業されたのです。


もう、これだけのブログを構築する技術を身につけたら
後は少しずつその規模を大きくしていきながら
実際に収入を得ていくという部分に手を出していけばいいのです。

一気に加速しますよ。


   ↑↑↑↑↑ 引用はここまで ↑↑↑↑↑


しばらく、記事更新をしてなかったので、少々後ろめたくは
ありましたが、久しぶりに作業に復帰したその日でしたので、
嬉しかったですよ〜。

改めて、気を引き締めて”やるぞ〜”と。

で、翔さんが指摘されているように、これからの段階は、「実際に収入を得て行く」部分へ、早く移行しなくてはいけないと、ひしひしと感じてます。



情報商材アフィリエイトは、ネットビジネスのインフラ事業


もう一度、その前に、情報商材のアフィリエイトって何だ?
という話が中断してました。

間があいてしまいましたが、私自身が、情報商材の
アフィリエイトをやるにあたって、どこに軸をおくか、
何を考えたのかを、お話してました。


情報商材アフィリエイトをお勧めする理由の項で
書いたのは、まず、情報商材とアフィリエイトは、
まともに継続して頑張れば、自由な時間で、かなりの高額を、
効率よく稼ぐことができる、ということでした。

その一方で情報商材に抱いた不安とアフィリエイトの項では、

中味も見ないで高額な料金を支払わなければならない
情報商材だから、購入した方がいいかどうかを判断して
勧めてくれるアフィリエイターが必要になる。

情報商材のアフィリエイトは購入者の方から求められて
いるのだと実感したと。

以上のことを述べてきました。


今日は最後に、私が情報商材を売ることの意義を
いまひとつ実感できず、逆に、むなしさを感じていた問題に
触れたいと思います。

実を言うと、私はアフィリエイトの中でも、
情報アフィリエイトは実態のないビジネスのように
感じていました。

情報商材アフィリエイトは、物を欲しい人がいて、
物を売りたい人がいて、その間をつないで宣伝広告するのとは
ちょっと違いますね。

例えば、私が買った情報商材を宣伝して、次の人に売る。
私から勧められて情報商材を買った人は、また次の人に
同じく情報商材を売る。情報商材が次から次へと
伝播しているわけです。

それって、お金に見合った商品・サービスとが
提供されている? そこに何かの価値を生産しているかな?
誰のために、何のために、お金が動いていくのか。
何のためのビジネスかな〜と。


もしかしたら、情報商材だけが、ぐるぐると空廻りして
いるんじゃないかな? 
そう思って、私自身がフワフワと落ち着かないわけです。


リアルビジネスで類似のものがないか、それと比較してみると、
何か分かることがあるかも、と探しました。

それで思ったのが、価格帯や商品形態からいうと
セミナーなのかな。セミナーに出席できない人向けに、
内容をPDF化して配布する。こう考えると、近いですよね。


その場合、情報商材アフィリエイトと同じ構造を想定すると、
セミナーの受講者が、次は講師になって、受講者を集める、
その受講者が次は講師になる、こういう市場が成立しなければ
ならないわけです。


ここまで考えてようやく、思い当たりました。
情報商材アフィリエイトは、一種の教育ビジネスなんです。

単なる”稼ぎのノウハウ”を販売しているだけでなくて、
アフィリエイターが意識しようとしまいと、
結果として人を育てているのです。

どういう人を育てているか。ネットビジネス新規参入者です。

これからネットビジネスを始めようとしている人たちに、
ネットビジネスの”いろは”から”裏技”まで、
教えてあげるわけです。

ネットビジネスだから、短期間に教育可能で、
受講者がすぐに講師に育ってしまいます。
また、ネットビジネスに参入する人が増えていく限りは、
アフィリエイトの需要は増えるでしょう。


こう考えることで、いろいろなことが納得できました。

現に優秀なアフィリエイターの方々は、どなたも、
商材購入者を単なるお客としてより以上に、
早く一人前に育つようサポートされてますよね。

サポートは、他のアフィリエイターとの差別化だけでは
なかったんですね。
アフィリエイトが教育ビジネスであれば、
必然の条件だったんですね。


考えてみれば、情報商材アフィリエイトは、それが
ブログアフィリエイトであろうとメルマガアフィリエイト
であろうと、ネットビジネスをやろうとする人にとっては、
基本的なノウハウです。
それを教え、広めるのですから、ネットビジネ全般の”縁の下の力持ち”、根幹を成しているといえるのではないでしょうか。


これで、私の不安感は吹っ飛んでいきました。すごいじゃん、情報商材アフィリエイトはやりがいあるな
”よっしゃ、やるぞ”と自信満々に、自分でもびっくるするような豹変をとげたのです。


しかし、受講者から講師として選ばれる条件を備えているほか、信頼を得なければなりません。

たいぢさんが、いみじくもコメントされてました。
以下は引用。たいぢざんのブログはこちらです。
⇒  http://taijing.deca.jp/buzz/

こんちには。電脳牧師のたいぢです。 なるほど、おっしゃるとおりです。 情報起業家とその商品の、信頼性を保証するのが私たちアフィリエイターの、使命のひとつですね。 ということは、私たちがまずやらなきゃいけないことは、信頼を獲得することですね。信頼していない人から「この人信頼できるよ」と紹介されても、信頼できませんもの。


ありがとうございます。
肝に銘じておきたいと思います。


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
あなたの応援が山姥のエネルギーです。

情報商材に抱いた不安とアフィリエイト

記事の更新が数日遅れました。
待っててくださった方(?)、ごめんなさ〜い!

私事ながら、妹が腸閉塞で入院しまして、更新の時間が
とれませんでした。

お互い一人暮らし同士なので、こういう時は助け合わないと、
なんです。2,3週間の入院になる予定ですので、
時々の更新になるかもしれません。

こういうこともあるから、皆さんがよくおっしゃるように、
時間があるときは書きだめが必要だな〜と、よく分かりました。


本論です。
前回でお話した、情報商材やアフィリエイトに対する疑問で
もやもやした気分をシャキッとさせてくれたのは、
一瀬翔さんの『マルチWINアフィリエイトマスタープラン』でした。

この教材を開くやいなや、
第0章に、「ネットビジネスがどういうものか、しっかりと
全体像を把握しておいてほしいのです」という、
翔さんのメッセージが飛び込んできました。

もう、そのフレーズだけで、ピカっと頭に閃くものがあって、
そうなんだ。もやもやをあいまいにしないで、自分なりに、
自分が今から始めようとしているビジネスを、
その全体像について考えてみよう、と思ったのです。

今まで断片的に感じていたことを、この際、自分の問題として、
疑問をはっきりさせよう。

そして全体像の中で、自分の軸を明確にしておこうと
思い立ったのです。


わたしのもやもやの原因は、いくつかありました。

最大は、情報商材に関するあいまいな不信感が原因です。

昨年末の頃です。最初に知った情報商材が実は、
詐欺まがいのゴミ商材だったのです。

詳しくは言いませんが、「商材の作り方、売り方」が
書いてあって、内容自体、お金を払って得るようなもの
ではなかったのですが、「この商材は再販権付ですから、
そのままあなたの商材として、販売してください。
大儲けできます」と提案していたのです。

金儲けのために、ゴミ商材を回転販売させるというわけです。
この業界はこういうことがまかり通るのか、と不信感で
いっぱいになったのでした。

しかし、これは詐欺商材に近いもので論外、
これが普通なのではないということは、すぐに分かりました。

それにしても、なんでこんなゴミ商材が許されるのでしょうか。


それ以外にも、私は情報商材に対して何かしっくりしない違和感を
感じていました。それは、私が知っている従来の情報商品とは、
かなり異なる商品だったからだと思います。

第一に、
情報商材は、代金を支払わないと中味を見れません。
秘密性の高いノウハウ情報だから公開できないという
理由からだそうです。

通常は、セールスレターと呼ばれる宣伝文で、
内容を判断して購入します。

まるで”福袋”のような売り方だな〜と思いました。
でも、福袋は中身は見れないけれども値段以上の商品が
入っている、非常に割安だという了解が、
売る側、買う側、双方にあります。

ところが、第二に、
情報商材の値段はかなり高いですね。
書籍の10倍も、20倍もする高額のものがザラです。

中味が見れないので、価格相応の価値ある商材なのか
どうかは、購入後でないと判断できません。

書籍であれば、立ち読みもできますし、著者についても
判断材料があります。情報商材は新しい分野なだけに、
素人には情報起業家に関する情報もありません。

第三に、
第一、第二ともに、判断材料らしいものは、セールスレター
だけですが、これがまた、従来の宣伝文とは全く異なり、
信頼できるものと思って読めば判断材料になるのでしょうが、
その前提がなければ、煽りとしか思えない文章の羅列です。

実際の商材が、セールスレターの内容どおりのものか、
どうして分かりますか?
私などは、全文を読むのも苦痛でした。

こんなんで、何万円ものお金を払って購入する価値が
あるのだろうか。


唯一、価値があるとすれば、代金以上の収入をもたらしてくれる
商材だからだ、ということでしょうか。

この点は非常に重要だと思います。

言い方を変えれば、アフィリエイトの収入につながると
確信できなければ、買うべきではない、といえるからです。

もちろん、自分が収入につなげられるかどうか、も含めてですよ。

私が抱いた疑問は、現時点では現実です。

結局、この種の不安感・不信感を取り除いて、
信頼できる商材かどうか、ユーザーが欲しいと思っている、
ニーズにあった商材かどうか、その情報を的確に伝えるために、
アフィリエイトが必要なんですね。

その役割を果たすために、アフィリエイターという存在が
必然的に生まれたのだと、考えるようになりました。
実際に収入につなげられたかどうかを実践して、
評価を下すアフィリエイターが求められるのですね。

私のアフィリエイトに取り組むスタンスの一つは、ここあります。


まだまだ、続きがあります。
情報商材にも、いろんなジャンル、テーマがありますから。
そのことを次は、お話しようと思います。


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
あなたの応援が山姥のエネルギーです。

アフィリエイト・テーマの情報商材を
アフィリエイト?

アフィリエイトにも種類がいくつもありますが
(前回を参照してくださいね)、私が実践してて、
あなたにもお勧めしたいのは、
情報商材アフィリエイトなんです。

今回は、情報商材アフィリエイトに絞って、
少し考えてみたいと思います。

情報商材とは、文字通り、情報を売り物にしている商品です。

インターネットで販売される情報ですから、
PDFファイルの状態で、購入者は商品(情報に限っては、
商材と呼んでいますね)をダウンロードして入手します。

その販売を管理しているのが、情報商材ASPと呼ばれるサイト
(インフォトップ や インフォカート)です。

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート



ASPはいわば、電子書籍を販売するインターネット書店
といったところですね。

しかし、書籍とちがって、形がないので、
在庫を抱える必要がありません。
書店を構えなくてもよいし、物流も発生しないので、
コストが非常に安くあがります。

コストがかからないので、販売を仲介・宣伝する
アフィリエイターへの報酬も、価格の3割〜5割と
多く配分することができるわけです。

アフィリエイターにとっては、これが何より嬉しいことです。


肝心の情報商材って、実際にはどんなもの?

それを知りたい方は、
ASPのサイトを覗いてみてください。

そこに並んでいる商材をみると、ヒット商品のジャンルとか、
どういう商材がいくらの値段で売られているか、分かります。

よく売れているジャンルは、
お金儲け系(株、FX、競馬など)、恋愛系、ダイエット
など健康系、それにアフィリエイトなどです。


あなたが、情報商材アフィリエイトをやろうと思い立ったら、
まず、どういうジャンルの情報を扱うかを
決めなければいけませんね。

あれもこれものジャンルをやっていては、
お客さんを集めるのに焦点がぼけてしまいます。

あなた自身が得意とするジャンルと同時に、
よく売れている商材のジャンルも調べて、
どういう情報商材をやるかを決めた方がいいと思います。


私は情報商材アフィリエイトをお勧めするといいましたが、
ここでさらに、テーマを絞ります。
それは、アフィリエイトをテーマとする情報商材を、
お勧めしているのです。

『アフィリエイトで成功するためにはーーノウハウの数々』
こういうテーマの商材です。


こういう風にいうと、どこか、何か変に聞こえませんか?

アフィリエイトする人のために
アフィリエイト・ノウハウ情報を販売し、
それを購入した人がまた、アフィリエイト・ノウハウ情報を
アフィリエイトするのです。

物を売るわけではありません。無形のノウハウを売って、
それを買った人がまた、そのノウハウを次の人に売って
ーーーとリンクしてつながっていきます。

別になければないで済む商品ではありませんか?

私は、アフィリエイト情報商材を知ったとき、
何だか形もない、かすみを売って、かすみを食って、
実態がない商売のように、思えたんです。


私は、皆さんの多くがおそらく直面されたように、
インターネットビジネスのもつ危うさ、不確かさ、
つかみどころのなさ、などを直感で感じて、実感して、
その後、よくよく考えて、自分なりに納得したこと
があります。仕事の将来性についても考えてみました。

考え方はさまざま、あると思いますが、
私自身はどのように考えたか?

このブログでは、アフィリエイトで成功するための
実践ノウハウやマニュアルを順次、ご紹介して
いきたいと思っています。

しかし、その前に、途中でぶれない、迷わない、
あきらめないために、事前に考えておきたい問題を
指摘しておきたいのです。

堅い話になりましたが、よろしければ、
次回の続きも読んでいただけると、
とっても嬉しいです。


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
あなたの応援が山姥のエネルギーです。

情報商材アフィリエイトをお勧めする理由

アフィリエイトといっても、いろんな種類があるのをご存知ですか?

たとえば、

◆物販アフィリエイト
    
あなたのブログが、アマゾン楽天のようなネットショップの
出店となります。

あなたは、ショップの商品を選んで、自分のサイトに
広告を掲示します。そこから売り上げがあると、
販売手数料をもらえます。

仕入れも在庫も必要なくて、店舗をもてるという魅力があります。
高級ブランドや、電化製品など、高い値段の販売も可能です。
    
商品とお客さんの属性があっていることが、ポイントですね。

手数料はアマゾンで価格の3〜7%、楽天は商品によって料率が
かなり異なりますが、5%前後が多く、10%以上となると
限られます。


◆クリック報酬型アフィリエイト

広告をブログに貼って、その広告がクリックされると、
1回当たり通常、数円(まれに100円以上もありますが)の
報酬がもらえます。

Googleの『アドセンス』がその代表ですが、アドセンスの場合は、ブログ内のコンテンツに
マッチした広告が自動配信されます。

同類の広告で最近スタートした『ぴたっとマッチ』は、
ユーザーマッチを採用して、クリック率向上を
図っているそうです。
     
仕組み自体は簡単ですが、単価が安いので、クリック回数が
かなり多く見込める、アクセス数の多いブログを
お持ちの方向きです。


◆資料請求アフィリエイト

証券・投資会社、生命・疾病保険、自動車保険、通信教育、
人材派遣・リクルート会社などに、資料を請求すると、
報酬が支払われます。
     
通常、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)と呼ばれる
広告代理店的なところを通して、広告リンクを入手します。
それを、あなたのブログに掲載し、資料の申込みが発生すると
1件あたりの報酬が支払われるというもの。

この場合の代表的なASPとしては「A8.net」があります。
         
報酬額が高いのが特徴で、一件1000円以上のケースも多く、
資料請求専門のサイトもつくられてます。


そして、私自身がやっていて、あなたにもお勧めするのが

◆情報商材アフィリエイト

文字通り、マニュアルなどの情報を販売して、販売手数料を
もらうものです。

これも、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)を
通しての広告形態です。

情報商材専門のASPとして、インフォトップインフォカートが、情報起業家から委託されて、広告リンクの配布や、
商材のダウンロード、手数料支払いなどを管理しています。
     
私たちアフィリエイターは、これらのASPが扱っている
商材の中から、自分の基準で商材を選んで宣伝し、
売れたら手数料を報酬として得るということになります。


なぜ、この情報商材アフィリエイトをお勧めするか、
その理由はいくつもあります。

   第一に、資金がほとんで要りません。
   第二は、短時間で成果が得られます。
   第三は、それぞれの都合で、自由な時間で仕事ができます。

ここまでは、どのアフィリエイトも同じようなものです。
ネットビジネス全般に共通するかもです。
 
   第四は、これが一番大きな理由かしれませんが、
        報酬額が大きいということです。

情報商材は比較的、値段が高く、万単位のものが多くあります。
手数料も、大体3割前後、中には5割というのありますので、
一件あたり、数千円〜1万以上の収入が得られます。

   第五は、マーケティング手法をうまく組み合わせると、
       売り上げが循環拡大するという特徴があります。

ここまで早く到達することが、私の目標です。


簡単に列記しましたが、必ずしも報酬だけが理由ではありません。
詳しいことは次回にまた、考察したいと思います。

特にお聞きになりたい点や、ご意見、ご異論など
ありましたら、どうぞお気軽に山姥までメールをくださいませ。

メールアドレス⇒ ☆info@yanchamai.info

私もまだまだ勉強途上ですので、教えていただきたい
ことも山ほどありますし、成果のあがる道筋をご一緒に
探っていければと、願っております。


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
あなたの応援が山姥のエネルギーです。

 

アフィリエイトの”生みの親”Amazon.com

私がインターネットビジネスに関心持ち始めたとき、
一番知りたかったのは、

やっぱり、アフィリエイトって何だ? ということ。そして、

どうしてアフィリエイトは儲かるのかな?

ということでしたね。


もしあなたが、アフィリエイトに
少しだけでも興味をもたれているとしたら、
多分、同じ疑問を抱かれているのではないでしょうか。


この疑問は、基本中の基本なので、
まず、その質問にお答えしなくてはいけないと思います。


こういう場合は、とりあえず
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で
予備知識を獲得します。



そこで面白い情報を見つけました。

ウィキペディアで、アフィリエイトの歴史を見ると、
アフィリエイトの生みの親はAmazon.comだというのです。
ご存知の方も多いかもしれませんが、私は初耳でした。


Amazon.comの創業者の孫が、個人的なサイトを
立ち上げていて、

「ここにAmazon.comの商品情報を置いて、
売れたら手数料を頂戴」

と、おじいさんに交渉したのが始まりだそうです。


ただ、Amazon.comでは、アソシエイト・プログラムと
呼ばれていて、のちにアフィリエイトという言葉が、
使われるようになったようです。


それまで、商品を販売しているサイトに誘導する広告は
すでに成功していたものの、Amazon.comがやったのは、
個別の書籍・商品ごとに直接リンクを貼って、
アイテム数がどれだけ増えようとも、広告手数料の
管理・支払いはシンプルに一本化する形態を完成させました。


これで、商品の点数がどれだけ増えようと対応できるとともに、
広告宣伝をするサイト、販売代理をするサイトが、
どれだけ増えようと、細分化されようと、
直接販売元(=広告提供者、クライアント)と
直接リンクしているので、中間的なトラブルは皆無。


リンク元とリンク先を直接結びつけることで、どんだけ〜って、
成長しても大丈夫なわけですね。

   Amazon.comの成長基盤になったと
   いわれているそうです。



アフィリエイトの説明もせずに、
Amazon.comの話をしてしまいましたが、
こういう具体的な例で考えるほうが、理解しやすいですね。



つまり、アフィリエイトというのは、

Web上での広告形態の一つで、広告提供者と直接リンクする
広告・宣伝をあなたの運営するホームページやブログ、
あるいはメルマガに掲載して、そこから売上げが上がった場合
成功報酬で手数料をもらうというものです。


今では、アフィリエイトもさまざまな形に発展して、
いくつも種類があります。


明日は、アフィリエイトの種類と、
どうやって稼ぐのかについて、お話しますね。


暑い中をご訪問いただき、ありがとうございました。
みなさまの応援が、山姥のエネルギーです。

人気blogランキングへ   

一瀬翔さんに、背中を押してもらいました

三連休も終わりました。

私もようやく、アフィリエイトに取り組む”軸”、
”方向性”が決まって、腹が据わった?と、
自分でも思います。

もし、以前からこの山姥のブログを見てくださってた方なら、
何か印象が変わったと気づかれませんか?

答えは最後に:


コメント廻りを開始して、いろんなブログを
拝見してるうちに、私の中でもやもやしていた何かを、
はっきりさせろよと、
迫ってくるものがありました。


私はすでに定年を迎えたアフィリエイターの卵。
いわゆる団塊の世代のさきがけです。

この世代がお客さまになる可能性が高い、
はずですよね。

でも、アフィリエイターって、結構、パソコンのテクを
要求される、現に20〜30代が中心の
若い世代の職業と思われているでしょう。


大部分の人がこれから悠々自適と考えている団塊の世代が、
いまさらアフィリエイトに注目するか?

団塊の世代を対象に選んで、ビジネスになるのか?
逆に言えば、この私の年齢で若い世代の集客ができるか?


そういう不安があって、私自身、年齢不詳のままで
ブログを運営した方がいいのかも。
いやいや、正直に自分の立場を訴えた方がーーと
迷っていました。


そのため、タイトルも決めかねるし、
方向性もアピールできないしーー当然のごとく、
ブログの作り方にもその迷いが反映されますよね。


もやもやがどうしようもなく大きく膨らんだ頃に、
一瀬翔さんからメールが来ました。
「何か聞きたいことはないですか?」って。
続きはこちらから⇒
『幸せのアフィリエイト』トップへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。